ZEN PROUD

CONCEPT

コンセプト

WHAT IS A POLICY

scroll

PROUDが大切にしている
7つのこと

  1. Vol.1

    漆喰・無垢素材等の無添加素材で家造りを

    長い間暮らしていく住まいは、ストレスのない心地よい環境であることが必要です。私たちの作る家は健康の大敵であるカビが発生しづらくなっています。また、ホルムアルデヒドなどに代表されるシックハウスの原因になる化学物質を含む素材の使用を出来るだけ避けています。これまで施工させていただいた住宅の内装は全て、漆喰や珪藻土、そして床や天井などはボンドなどで圧着していない無垢材を採用してきました。室内の毒素を測るVOC検査では国の基準値を全項目で下回っており、ほとんど検出されませんでした。入居後に体調が悪くなったりする方もおらず、アレルギーなどの症状も緩和されたと、ご好評いただいております。

    MORE
  2. Vol.2

    群馬の気候風土に最適な断熱材セルロースファイバー

    木質の繊維のセルロースファイバーは高い防音性・断熱性・防虫効果を有します。湿度が高い時に吸った空気中の水分を、湿度が低い時には放出してくれる機能的な断熱材です。梅雨や夏のような季節も、室内に入ると空気がさらりとしているので、汗が自然と引いていきます。また、多湿対策はカビの発生予防にもつながります。

    MORE
  3. Vol.3

    北国でも採用される高性能ダブル断熱システム

    家の中の温度差が、人の健康寿命に多きな影響を与えると近年指摘されています。私たちの造る家は、壁にセルロースファイバー、それに加えて躯体自体を包み込む外断熱EPSボードを使用しています。

    内断熱(充填断熱)と外張り断熱のダブル断熱工法を全棟採用しています。国の規定した省エネルギー断熱基準UA値0.87(w/㎡k)を上回るUA値0.52(w/㎡k)という性能です。この値は、小さければ小さいほど熱が逃げないことを示しています。北国でも標準的に採用できる水準の高断熱工法です。

  4. Vol.4

    通気断熱WB工法

    今日の高気密住宅による空気循環の悪化が皮膚炎など原因になる可能性があると医療の現場から囁かれております。そこで通気断熱WB工法により室内の空気の自然な循環、湿度を保つことで健康的にも良い快適な生活空間を家自らが作り出します。WBとは「家の呼吸」と「壁面の呼吸」でダブルブレスの意。ふたつの呼吸が快適な住まい環境を作り出します。気温の変化で反応する形状記憶合金を使った仕組みで、壁の中の空気をコントロール。伝統的な土壁が持つ湿気を通す作用を応用し、季節に応じて家そのものが呼吸する仕組みを開発。室内の化学物資や臭いを屋外に排出するしくみです。

    MORE
  5. Vol.5

    地域の素材を積極的に採用

    PROUDの造る家は木造住宅です。屋根の下地から床材まで、大量の無垢の木を使います。私たちは、家をできるだけ地域材で造ることを目指しています。群馬県、森林組合、地元の木材屋さん、そして工務店が協力し合って進めています。

    群馬の木の中でも樹齢を重ねて立派に育ったものは、建築材として大変有用です。また、地元で採れた木材は一本一本粘度・強度を測定する検査をしています。今は、構造材の全てを地元材だけでまかなうには至っておりませんが、少しずつ「地域材で造る顔の見える家」を実現していければと考えています。

  6. Vol.6

    建設後に費用のかからないメンテナンスフリーな住宅

    住宅に伴うコストは主に3つあります。建てる時にかかる建築費や外構工事費いったイニシャルコスト、次に住み始めてからかかる電気代やガス代といったランニングコスト、最後に住宅のメンテナンスや各部品の交換費といったメンテナンスコストです。建築時のイニシャルコストが安価であっても、その後のメンテナンスで莫大な費用のかかる住宅は結局のところ良い住宅とは言えません。

    PROUDで採用している漆喰のような天然素材は、経年劣化が少ないことも特徴です。外壁も素材自体が腐ってしまわない性質のものを採用しています。無垢の床材もベニヤのように剥がれて使えなくなってしまうことはありません。

    できるだけメンテナンスが必要ない素材を選定すること、また、メンテナンスが必要になった時にご家庭で手入れがしやすい素材を選ぶことを、私たちは大切にしています。

  7. Vol.7

    家族の暮らしと四季に寄り添う住宅設計

    住宅は、ご家族が何十年という長い時間を共に過ごす場所です。四季の移ろいを楽しめるよう、窓のサイズや位置、お庭の設計等にも工夫が欠かせません。また、家を設計するということは、単に施主様方のご要望を伺うだけでは不十分な場合もあります。

    日々の生活習慣についてお話いただき、時には今お住いの家に同行させていただくケースもございます。「テーマパークのような家に住みたいです」というお客様もいらっしゃいました。その世界観を住宅に再現すべく、職人さんが何度もテーマパークに足を運びました。

    持病があったり、身体的に万全ではない方の暮らしも徹底的にリサーチさせていただくこともあります。そうして得た情報を図面に落とし込み、施工現場に伝え、一棟の住宅となります。